『ミケンディープパッチ』の効果的な使い方

『ミケンディープパッチ』は、販売前のモニターテストを実施の上、眉間の年齢サインへの効果の実感度を追求した商品です。

なので、使い続ければ間違いなく効果を実感できると思いますが、使い方を間違ってしまうと本来の良さを実感できなくなってしまいます。

私も説明書をよく読まずに使って、1回分ダメにしちゃったことがあるので、これから使う人は事前に正しい使い方を確認しておくことをおすすめします。

今回は、ミケンディープパッチの正しい使い方をまとめてご紹介したいと思います。

▼ミケンディープパッチについて詳しく見てみる▼

ミケンディープパッチ

『ミケンディープパッチ』を使用する順番

ミケンディープパッチは、いつものお手入れの最後に使います。

洗顔→化粧水→美容液・乳液・クリームなど→『ミケンディープパッチ』

ミケンディープパッチを使う順番を示した画像

オールインワンタイプの化粧品を使っている場合は、ミケンディープパッチの前に使いましょう。

『ミケンディープパッチ』を使用する頻度

基本の使い方は、週に2回の頻度でケアすること。

3日ごと、4日ごとと、なるべく等間隔で使用することで眉間の年齢サインへの良い変化を持続しやすくなるそうです。

私は、早く効果を感じたかったので最初の1週間は1日おきに使用しました。

最初の1週間で短期集中ケアをして、その後は、週に2回のペースを保ってケアするように。

忙しいと忘れちゃうので、日曜日の夜と水曜日の夜は『ミケンディープパッチの日』というように、曜日を決めると良いですよ♪

毎日やりたくなる人もいるかもしれませんが、連日使用すると肌の状態によっては刺激を感じることもあるようなので、1日以上の間隔は空けるようにしましょう。

『ミケンディープパッチ』を取り出すときの注意点

ケースについて

ミケンディープパッチ本体は、透明ケースに収納されていて、美容成分でできた針が折れたり潰れたりしないような設計になっています。

ミケンディープパッチの透明ケースの写真

注意ポイント

ケースは優しく開けましょう。

勢い良く開けると、パッチが落下する可能性があります。

落下すると針が付いている面がものに触れて針が折れたり溶けたりする可能性があるので注意が必要です。

パッチについて

ミケンディープパッチのパッチの部分の写真

パッチは針が付いている面が下向きの状態で入っていて、ヒアルロン酸と美容成分でできた微細な針がパッチの裏側に敷き詰められています。

注意ポイント

針の部分に手が触れると、美容成分の針が溶けてしまい、本来の効果を感じにくくなります。

針の部分は触らないように注意しましょう。

ミケンディープパッチの効果的な使い方

step
1
シートを貼る前にしっかりと保湿する

肌の水分によってパッチの美容成分が肌に溶け出すという仕組みなので、ミケンディープパッチを貼る前に化粧水や乳液でしっかりと眉間を保湿しましょう。

step
2
化粧品が十分肌に馴染んだのを確認する

表面に水分が残っているとニードルが肌に刺さる前に溶けてしまったり、シートが剥がれやすくなってしまいます。
事前に使うスキンケアの成分が肌にしっかりと浸透したのを確認してからパッチを貼り付けるようにしましょう。
また、油分が多い保湿クリームを使うとシートがはがれやすくなるので、眉間部分は避けて塗るか、ミケンディープパッチを剥がした後に塗るようにしましょう。

step
3
パッチを準備する

  • 袋に入っている透明ケースの中から、パッチを取り出します。
  • 白い保護フィルムを外します。

ミケンディープパッチのパッチの準備の説明図

濡れた手でシートを触るとニードルが溶けてしまう可能性があります。
また、汚れた手で触ってしまうとニードルに、ばい菌が付いてしまい肌荒れになってしまう恐れがありますので使用前に手も清潔に保っておきましょう。

step
4
パッチを貼り付ける。

鏡を見ながら眉間の折れ癖を指でしっかりと開いて伸ばし、パッチの長い辺が上になるようにして貼り付けます。

※万が一、パッチがはがれる、パッチの跡が濃く付くなどがあれば、眉間の折れ癖の伸ばし方を少し緩めます。

ミケンディープパッチのパッチの貼り方の説明図

貼りつける際は鏡を見ながらゆっくりと一度で貼りつけるようにします。

貼りなおしてしまうとパッチの粘着力が弱まる上、ニードル部分が角質層に届きにくくなるので要注意!

貼り付けた後、パッチがしっかりと密着するように、少し強めに真上から2、3回押します。

ポイント

  1. 1度貼り付けたパッチは、貼り直さない。
    パッチの粘着力が弱まる上、美容成分の針が角質層に届きにくくなります。
  2. 空気が入らないように注意する
    空気が入ってしまうと、肌に美容成分の針が刺さらず、成分の浸透を妨げてしまいます。

step
5
少なくとも5時間以上は貼ったままにする

美容成分は時間をかけてじっくりと浸透するので、少なくとも5時間以上は貼ったままにすることが大切です。
睡眠時間が長めにとれるときにケアすると良いですね。

step
6
起床後、パッチをやさしく剥がす

貼り付けた場所に針の土台部分が残ることがありますが、そのまま洗顔で洗い流します。

『ミケンディープパッチ』の使い方に関するQ&A

Q:週に3日以上使用してもいいの?
A:問題ありませんが、美容成分の針を使用しているという特性上、肌の状態によっては連日使用すると刺激を感じることがあります。1日以上の間隔をあけて使用するのがおすすめです。
Q:日中使用しても良いの?
A:問題ありません。ただし、メイクの上からはおすすめできません。洗顔後、化粧水や乳液、クリームなどで保湿したうえで使用するようにしましょう。また、パッチは5時間以上貼り付けたままで過ごすようにしましょう。
Q:パッチを貼り付ける際、針の部分が気になる箇所に当たらないけど、大丈夫?
A:問題ありません。針が気になる箇所に当たっていなくても、ヒアルロン酸や美容成分はパッチで覆われている範囲内にまで溶け出し、角質層内に広がるので、ご安心ください。

まとめ

『ミケンディープパッチ』は週に2回貼るだけで、眉間の年齢サインをケアできる商品ですが、使い方を間違ってしまうと本来の良さを実感することができなくなってしまいます。

使う前に正しい使い方を確認しておきましょう。

正しい使い方でケアを続ければ、眉間の深いお悩みも徐々に気にならなくなってきますよ!

ミケンディープパッチのお試し定期コースなら、継続の縛りがなくいつでも解約できるので、気になる人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ミケンディープパッチの公式通販サイトはこちら

投稿日:

Copyright© 【使ってみた!】ミケンディープパッチの口コミと眉間のシワへの効果は? , 2019 All Rights Reserved.